【授業レポート!】
シチュエーションメイクの授業に密着!!

ヘアメイク・ウエディング学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.07.17東京

本日はヘアメイク学部2年生の「シチュエーションメイク」の授業に密着します!

 

本科生になると、数ヶ月ごと様々な分野の講師が入れ替わりでお越しになり、いろんな分野の技術が学べるんです。

 

その現場やシチュエーションによって、使うアイテムも技術もまったく違います。

それを教えて頂けるのが「シチュエーションメイク」の授業なんです。

 

今回のターム、テーマは「ART」

異素材を使ったり、通常の撮影ではなかなかやらない、作り込んだメイクです。

 

スタートしました。

講師は茂手木智哉さん。

FashionからBeautyまで幅広くご活躍されています(http://tomoyamotegi.com/

 

IMG_9199.JPG

 

テーマが「ART」ということで、茂手木さんが用意してくださったリファレンスも、世界観が面白いですね!

 

IMG_9186.JPG

 

皆、様々な素材を使ってメイクをしています。

 

IMG_9191.JPG

 

こちらの学生がリップに使用しているのは、フリスク!

そのまま食べても大丈夫だとのこと。。。

 

IMG_9194.JPG

 

ガーゼを使ってその上からメイクを施している子もいます。

斬新です!

 

IMG_9196.JPG

 

こちらの学生が使っている素材は、売ってる卵が入っているプラスチック容器。

それを燃やして、ちぎって使っているそう。

 

IMG_9187.JPG

 

ちなみに中の卵は食べて、殻は他のヘッドピースに使っているとのこと。

余すことなく素材全て使っていますね!!

 

IMG_9189.JPG

 

茂手木さんも「アイデア面白ね!」と褒めてくれています。

正解がないのが、このクリエイションの楽しくて難しいところ。

 

IMG_9203.JPG

 

こちらの学生はカラフルな紐を使って花を作っています。

 

IMG_9200.JPG

 

可愛くて本人にも似合ってます!!

 

IMG_9201.JPG

 

その他異素材を使わず、デザインで「ART」を表現している子もいたり、

 

IMG_9185.JPG

 

縄跳びのようなビニールの紐を使って作品作っています。

 

IMG_9198.JPG

 

メイクの材料は、アイシャドーやチークのようなアイテムだけでなく、どんなものでもなり得る、ということが理解できるとても楽しい授業でした!!

 

また来週は違う素材を使用して作品を作ります。

 

楽しみですね!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加